産後ダイエット成功への道標 > 産後ダイエットとは?

産後ダイエット成功への道標

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後ダイエット成功への道標

産後ダイエットとは?

産後ダイエットとは文字通り出産後の体型を元に戻すためのダイエットです。

一昔前は妊娠すると、二人分の栄養を取らなくてはいけないということでたくさん食べることがいいとも言われていたようです。

しかしながら現在では過剰な栄養摂取や太りすぎがお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼしたり、お母さん自身が妊娠中毒症になるリスクも大きくなるので、産婦人科では太りすぎに気をつけるように指導するようになっています。

ですが出産直前には3kg以上の赤ちゃんと羊水、胎盤がお腹の中にあるのである程度の体重増加は普通で、妊娠中の体重増加は8kgが許容範囲とされています。

出産後は妊娠というストレスからの開放感でつい食べ過ぎてしまったり、または授乳、育児のストレスで食べ過ぎたり、これに加えて出産による骨盤の変形が産後の太りを助長する結果になることもしばしばです。

そうなるとダイエットの必要性が出てくるわけですが、それと同時に授乳もしなければいけませんし産後ということであまり無理な運動もできませんから、おのずとダイエットのためにできることが限られてきます。

産後というのは身体が元に戻ろうとする時期でもあるので、そういう点ではダイエットに適した時期でもあります。

特に出産後6ヶ月以内が理想的だといわれているようですが、ここで無理をすると大変なことになります。

例えば食事制限ですが、授乳期に下手に食事制限をしてしまうと赤ちゃんの発育に影響が出てきます。

また、育児・授乳が大変な時期ですから本人が体調を崩す原因にもなりかねません。

産後ダイエットは色々と制約のある状況で行わないといけないですが、だからこそちゃんとした知識が必要になってきます。

産後ダイエットの成功のためには、まずは正しい産後ダイエットの方法を知ることだと思います。



「産後ダイエット成功への道標」トップページへ

スポンサーサイト

産後ダイエット成功への道標

産後ダイエットは6ヶ月以内が理想的?

産後ダイエットは6ヶ月以内が理想的とよく言われますが、本当にそうなのでしょうか?

確かに産後ダイエットは6ヶ月以内が理想的というのはあらゆるデータを基にはじき出された数字なのだと思いますが、6ヶ月以内じゃないとだめというものではないです。

もしそうしようと思ったら妊娠中から食事などの生活管理からきっちり行って、出産後の経過が順調でないとなかなか思うようには行かないものです。

なによりこの数字にとらわれて無理なことを試みてしまうのが一番怖いです。

妊娠から出産まで約9ヶ月かかっていますから、安全にもとの体重まで戻そうと思ったら同じだけ時間がかかって当たり前と考えてもいいでしょう。

産後ダイエットでは甘えはいけないですが、自分に負担をかけすぎるのも良くありません。

あくまでも自分の体調と相談しながら自分のペースを守って行っていきましょう。



「産後ダイエット成功への道標」トップページへ

産後ダイエット成功への道標

産後ダイエットは産後のリハビリでもあります

産後の身体は妊娠前の身体とは違っています。

特に出産直後は妊娠中・出産の際の影響で骨盤や骨盤底筋が緩んだり、会陰切開の傷が痛んだり、筋肉痛があったりと大きく身体に負担がかかっています。

骨盤の歪みというのは出産によってどうしてもおこってしまうものなのですが、出産後は骨盤矯正をして骨盤を元の状態に戻してあげる必要があります。

骨盤とダイエットって一見無関係のように見えますが、実は非常に関係が深いんです。

出産によって骨盤が広がることにより胃腸などの内臓が下に下がってきます。

これにより胃腸の機能が低下して代謝が悪くなります。

その結果太りやすくて痩せにくい体質になるのです。

さらに出産後に下半身デブになったり下腹が出てきたりというのも骨盤の歪みから来るものなのです。

よく産後ダイエットは骨盤ダイエットがいいといわれるのはこのためです。

骨盤というのは身体全体の骨格を支えるものですから、骨盤が歪むと骨格全体のゆがみになり姿勢が悪くなったり代謝の低下で太りやすい体質になったりします。

産後ダイエットでは単にカロリーを抑えたり運動するというだけでなく、身体を元の状態に戻すリハビリも必要だということになります。



「産後ダイエット成功への道標」トップページへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。