産後ダイエット成功への道標 > スポンサー広告 > 産後太りの原因

産後ダイエット成功への道標 > 産後太りの原因 > 産後太りの原因

産後ダイエット成功への道標

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後ダイエット成功への道標

産後太りの原因

産後ダイエットを成功させるためには、まずどうして出産後太ってしまうのかを知っておくことも大切です。

産後太りの原因がわかれば、何をすればいいのかということが明確になります。

さらには産後ダイエットで行うエクササイズなどの中にはどうしてこんなことやるんだろう?と疑問を持つような動作も出てくると思います。

そんなときにきちんと産後太りの原因がわかっていれば、産後ダイエットで行うエクササイズや食事制限などの意味がしっかり把握できて、産後ダイエットを継続するモチベーションを保つことにもつながります。

産後ダイエットを成功させるためにも、ここでは産後太りの原因を整理しておきましょう。


まずは産後太りの原因として基礎代謝量の低下が挙げられます。

妊娠中はどうしても運動不足になりがちで、その結果として筋肉量が減少してしまいます。

筋肉が減少する変わりに脂肪の割合が増え、基礎代謝量が低下するのです。

出産後の身体がすぐに元に戻るわけではないので基礎代謝量が低い状態が続き、その結果カロリーを消費しにくく太りやすい体質に変化している可能性が高いです。


次に食生活の変化があると思います。

妊娠・授乳中は赤ちゃんの栄養分のこともあるのでより高カロリー・高栄養な食事となってしまいます。

しかし授乳期が終わってもそれまでの習慣が残って そのままの食事を続ける場合も多いようで、この場合には当然食べすぎで摂取カロリーオーバーとなってしまいます。


次に骨盤の歪みと開きが挙げられます。

出産の際時は骨盤は開きます。

開いた骨盤の矯正を行わずに開いたままでは、骨盤の中には胃や腸が落ち込み、下腹部が大きく出たり お尻が大きくなる場合が多いです。

さらに骨盤の中には胃や腸が落ち込むことで胃腸の機能が低下し、これにより基礎代謝量の低下が引き起こされます。


次に腹筋のゆるみが挙げられます。

妊娠期間の長い間腹筋は伸びた状態になっていて、 出産後も元の状態にはなかなかもどりません。

腹筋には内臓を守って支える役目があるのですが、その機能を十分に果たせなくなるため、 身体は皮下脂肪を蓄えることによって内臓を保護しようとします。


以上産後太りの原因となるものをまとめてみました。

これらのことをしっかり頭に入れて、産後ダイエットの参考にしてください。



「産後ダイエット成功への道標」トップページへ



<<基礎代謝とは?産後ダイエット成功への道標産褥体操のリラクゼーション>>

<<基礎代謝とは?産後ダイエット成功への道標産褥体操のリラクゼーション>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。